トラベラーズワクチンフォーラム研修会

現在、日本では年間約1,800万人が海外に渡航しているといわれています。

一方で、これらの人々の中で肝炎やデング熱、マラリア、腸チフスなど海外で感染症に罹患し帰国する人も増加しています。
   その背景には日本では戦後60年を経てジフテリア、百日咳、赤痢、ポリオ、日本脳炎など多くの感染症が激減し、日本人に感染症に対する警戒心がなくなっていること、海外の感染症事情に対する知識が欠如していること、病気に対し自分の身は自分で守る意識が薄いことなどが挙げられます。
   その結果、欧米諸国では旅行者用ワクチン(トラベラーワクチン)の製造、販売が全ワクチンの16パーセントにも及んでいるのに対し、日本では僅か1パーセントに満たないことが指摘されています。また、日本ではワクチンの許可に対しては厳しい規制がある上、海外で開発されていて日本では未許可ではあるが評価の高いワクチンの輸入使用に関してもその手続きに多くの手間と時間がかかる現状であります。
   私たちはこの事態を深く憂慮し、広く日本国民に日本国外の感染症の蔓延状況及び、外国の感染症対策の現状を伝達し、海外渡航者に予防接種に関する知識を啓発し、必要なワクチンを必要な時に、受けられる環境を整備することを意図いたしました。私たちはこの目的達成のため、海外渡航者予防接種事業をたちあげました。

現在までに開催されたトラベラーズワクチンフォーラム研修会は次の通りです。(第7回よりバイオメデイカルサイエンス研究会主催となった)

開催予定

・第32回トラベラーズワクチンフォーラム研修会

平成29年9月2日(土) 13:30~17:40に開催します。申込は下記よりお願いします。


ダウンロード
32回トラベラーズワクチンフォーラム研修会
プログラムが最終版となっております。
TVF_32.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 341.8 KB
コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

過去開催された記録

ダウンロード
過去開催記録(印刷用)
tvf.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 223.0 KB